ダイエット効果をうたった健康食品やサプリメントは数えきれないほどありますが、以前から注目されているのが、脂肪の燃焼を助けるという漢方薬です。中でも防風通聖散という薬は、ネットの口コミなどでも評判が高く、小林製薬のナイシトールなどにも配合されていることから、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで、痩せる漢方薬として話題の防風通聖散について、効果や特徴についてまとめてみました。

医学的に認められた効能がある

中国の古典書である宣明論に記載のある防風通聖散と言う名称は、メインとなる生薬の防風(ボウフウ)と、聖人・優れた人を意味する通聖(ツウショウ)から成っており、古くから優れた薬であると広く使用されてきました。

現在においても、第2類医薬品に分類され、医療現場で肥満症の治療に使用されており、一般的な健康食品と違って医学的にも脂肪を減らす効果が期待できます。

医薬品なので副作用が全くないわけではありませんが、正しく使用すれば、一定の効果が期待できる上、西洋医学の医薬品と違って、自然由来の生薬を用いた漢方薬は、効果・効能がマイルドなのも防風通聖散を選ぶポイントです。

ダイエットに役立つ効果

・胃腸の調子を整えて食べ過ぎを防ぐ
・便通を促して便秘を改善する
・発汗、利尿作用により水分の停滞を解消する
・鎮静作用により食べたいイライラを鎮める

防風通聖散は、メインとなる生薬の防風(ボウフウ)の発汗熱を取り去り、作用の通り、発汗によって体にたまった余分な熱を取り去ることで諸症状を改善します。

現代人にとって大きな悩みである肥満や過食になるのは、漢方の考え方に従うと、胃熱という状態で、脂っこいものや味の濃いものを多く摂って胃腸の働き過ぎることで熱が発生していると言われています。

胃熱が発生するとさらに食欲が出て食べ過ぎてしまったり、過食によって腸に便が溜まり、便秘などの不調につながってしまいます。

防風通聖散には、防風や麻黄(マオウ)など発汗作用のある生薬のほか、大黄(ダイオウ)や白朮(ビャクジュツ)などの便通や利尿を促す生薬が配合されており、胃腸に溜まった熱を老廃物と共に排出します。この他に鎮静作用を持つ桔梗(キキョウ)などの働きによって、食欲が抑えられるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

まとめ

防風通聖散は、発汗・利尿・便通作用によって、体に溜まった老廃物を排出することで、肥満の諸症状を改善します。さらに胃腸の調子を整えて、過剰な食欲を抑える働きがあるので、ついつい食べ過ぎてしまう人にはおすすめです。