便秘の解消や皮下脂肪、内臓脂肪の燃焼に効果的と言われる漢方、防風通聖散は、大手製薬メーカーからも販売されており、手軽に購入できるため、試してみたいと思っている人も多いでしょう。さて、薬やサプリメントには、適切に効能を得るために、服用時間が指定されているものもありますが、防風通聖散にも、効果が出やすいタイミングがあるのでしょうか。

せっかくなら、よりダイエットにつながる方法を知っておきたいですね。そこで、服用するタイミングなど、防風通聖散の効果的な使用方法について調べてみました。

基本的には食前に服用する

多くの漢方薬がそうであるように、防風通聖散も食前の空腹時に、水かお湯で服用することが推奨されています。食前とは食事30分前を指しますが、ほとんどの場合、このタイミングでは胃の中が胃酸で酸性になっています。

このような状態の胃に漢方薬がたどり着くと、有効成分が速やかに吸収されるとともに、アルカロイドなど刺激の強い成分の吸収が穏やかになります。

漢方薬は食前に服用するものがほとんどですが、西洋医学で扱う飲み薬は、胃の血流量が多く、胃酸の影響を受けにくい食後に服用するものが多いので、タイミングの異なる漢方薬は、つい飲み忘れてしまうかもしれません。そのようなときは、食後に飲んでも、著しく効果が下がるわけではないので、特に問題ありません。

確かに、食前に服用したほうが効果的ではありますが、漢方薬は効果がマイルドなので、飲む時間よりも習慣敵に飲み続けることのほうが大切です。

防風通聖散の効果的な使用方法

防風通聖散には、発汗や脂肪の燃焼を促す作用があるので、脂肪の除去やメタボ対策のために使用したい人は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う前に、防風通聖散を服用するのがよいでしょう。

また、防風通聖散を含め、漢方薬は水かお湯で飲むのが基本ですが、防風通聖散をより効果的に使用したいなら、人肌よりも少し温かい温度の白湯で飲むのがおすすめです。

防風通聖散には利尿、便通作用があり、体内の老廃物を排出して症状を改善する作用がありますが、白湯にも消化器官を温めて、内部に溜まった毒素を排出するデトックス効果が知られているため、防風通聖散の効果をより高めてくれるでしょう。

そもそもは、煎じ薬である「~湯」は白湯で、砕いた薬の「~散」は水で飲んでいましたが、薬局などで市販されている漢方薬は、ほとんどが粉末状のエキス製剤と呼ばれる製品で、水でも白湯でも好きな方で飲んでかまいません。

まとめ

防風通聖散は、胃の中が酸性になっている空腹時である食前に服用すると、より効果的に作用するでしょう。
ただし、効き目のマイルドな漢方薬は、飲むタイミングよりも飲み続けることのほうが大切ですから、食前に飲み忘れた場合は、食後に飲んでも問題ありません。