最近テレビCMやネットのダイエット情報サイトなどで、漢方薬による肥満解消方法をよく見かけますが、漢方薬なら副作用が少なめで、一般的な健康食品よりも効果がありそうな印象があり、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

肥満の解消に役立つ漢方薬の中でも、広く知られているのが防風通聖散です。小林製薬のナイシトールや、クラシエのコッコアポなどの市販薬としても出回っている防風通聖散とは一体どのような薬なのか、特徴や効果について調べてみました。

防風通聖散の特徴

防風通聖散は18種類の生薬から構成される方剤で、名前の由来となっている防風(ぼうふう)という生薬の働きを中心として、体の余分な熱を放散させる性質があります。また、「通聖」には聖人、優れた人という意味があり、防風を中心とした優れた薬であると古来より珍重されてきました。

防風通聖散に含まれる18種類の生薬のうち、防風や麻黄(まおう)、黄ごん(おうごん)などで発汗を促して余分な熱や炎症を取り去り、当帰(とうき)や芍薬(しゃくやく)などで血行を促進し、新陳代謝を活性化し、大黄(だいおう)や甘草(かんぞう)などは便通を促して熱や老廃物の排出を促進します。

このように、防風通聖散には、暴飲暴食などで体内に余った余分なエネルギーを取り除いて、体内の循環をよくする働きがあります。

一般的に漢方薬は症状や体質に合わせてそれぞれに処方されますが、防風通聖散は、食欲旺盛で体力が十分にあり、お腹周りに脂肪がつきやすく便秘がちな体質の人に対して有効であると言われています。

防風通聖散の効果的な使用方法

防風通聖散には、発汗、利尿、便通を促し、肥満症や便秘、むくみや肩こりの解消や、これらの症状を伴う高血圧症や腎臓病の際にも使用されます。

皮下脂肪や内臓脂肪の燃焼・分解を促進するほか、食欲を増進するホルモンの分泌を抑えて食べ過ぎを防止する効果も知られています。
このため、ダイエットやメタボ改善のために使用したいと考えている人も多いと思いますが、漢方薬は健康食品ではなく医薬品ですから、使用時には注意が必要です。

防風通聖散は、副作用が出にくい処方と言われていますが、体質や使用量によっては、肝機能障害を起こすことがあります。
また、下剤として使用される大黄や甘草を含んでいるので、普段から胃腸の弱い人や下痢気味の人には逆効果になってしまいます。
また、妊娠している人や高齢者は、事前にかかりつけの病院や薬剤師に相談してから、服用するようにしましょう。

まとめ

防風通聖散は、18種類の生薬からなる漢方薬で、発汗、利尿、便通を促し、肥満症や便秘の解消に効果を発揮します。体力が十分にあり、お腹周りに脂肪がつきやすく便秘がちな体質の人に対して有効に働き、食欲を抑える作用があるので、ついつい食べ過ぎてしまう人にはおすすめです。