防風通聖散は、生薬の作用によって肥満につながる症状を抑えて、太りにくく健康な体質に改善することを目的とした漢方薬です。さて、体質改善というと、腸内細菌の善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが大切だと言われていますが、防風通聖散は腸内改善に役立つのでしょうか。

防風通聖散が腸内環境に与える影響や、体質改善につながる仕組みについて調べてみました。

防風通聖散は腸内環境にはほとんど影響しない

一般的に腸内環境の正常化というと、腸内に住む様々な細菌のバランスを整えて、体に良い影響を与える善玉菌を増やし、有害な悪玉菌の勢力を抑えることを意味します。

人間の腸内には、100兆個の細菌が存在すると言われていますが、健康な人や若い人の腸内には、乳酸菌などの善玉菌が多いのに対して、そうでない人には大腸菌など人体に有害な悪玉菌が多いと言われています。

善玉菌を増やすには、善玉菌の栄養源となるオリゴ糖やグルコン酸を積極的に摂ることや、善玉菌自体を多く含む食品を食べることが有効だと言われています。

具体的には、豆類や根菜、海藻など食物繊維を多く含む食品は、オリゴ糖を豊富に含んでいます。

また、乳酸菌やビフィズス菌を多く含むヨーグルトやチーズのほか、納豆や味噌などの発酵食品も、善玉菌が優勢な腸内環境を整える上で有効だと言えます。

さて、防風通聖散のような漢方薬は、体質の改善には効果が期待できますが、食物繊維や善玉菌など腸内環境に影響を与える成分は少ないと考えられます。

漢方薬と腸内細菌の関係

漢方薬が腸内細菌のバランスに与える影響は少ないと考えられますが、漢方薬の効能は腸内細菌の種類や量によって変動すると言われています。

ほとんどの漢方薬は、配糖体と呼ばれる水溶性の成分を含んでいますが、そのままでは口から入っても腸で吸収されずに排出されてしまいます。そこで重要な役割を果たすのが腸内細菌です。

ビフィズス菌などの腸内細菌は、配糖体を栄養源とし、漢方薬の成分を腸で吸収されやすい形に変化させます。このため、配糖体を利用できる腸内細菌の多い腸では漢方薬の効果が得られやすいと考えられます。

防風通聖散は、便秘の解消に効果を示す大黄が含まれていますから、薬と同時にビフィズス菌を多く含む食品を摂ることで相乗効果が生まれ、より高い効果が得られるでしょう。

まとめ

防風通聖散が、腸内細菌に与える影響はあまり大きくないので、腸内環境の改善につながるとは言えませんが、防風通聖散などの漢方薬が効能を発揮するには、腸内細菌が不可欠です。

防風通聖散は便秘を改善し、胃腸の調子を整える作用があるので、ビフィズス菌などの善玉菌を含む食品と同時に摂るとより効果的でしょう。